豊嶋歯科トップページ
歯の治療項目
矯正歯科
予防歯科
入れ歯治療
審美歯科
痛みの少ない虫歯治療
ホワイトニング
小児歯科
歯周病治療
レーザー治療
スポーツ専門マウスピース
当院に来ていただいた患者様のお声
クラブ、教室のご案内
豊嶋歯科医院ブログ
アンケート
スタッフ募集
メディア掲載情報
リンク集
サイトマップ


当院の大切にしている思い 院内ツアー ドクター、スタッフ紹介 料金について 検診メニュー ケアグッズのご紹介




「歯医者が嫌い」といわれる方の中には、小さい頃に歯医者で嫌な思いをしたことがある人が多いようです。

小さいときにこそ、恐がらせない、無理やり治療をしない歯医者さんに通うことが大切であると私たちは考えています。

そうすることが将来的に、その子がいつまでも健康な歯を保っていくための礎となるでしょう。




お子様の治療で一番大切なこと、

それは、
「恐怖心を与えないこと」です。

いきなり治療をして痛くて怖い経験をすると、「歯医者は怖い」という強烈な記憶として残ってしまいます。

すると、もう2度と歯医者に行きたくない、歯医者に来ただけで泣くという状況になるのです。

ですので、まずはお話をしたり、歯磨きの練習をしたり、治療の器械を触ってみたり…

少しずつ歯科医院の雰囲気と治療に慣れていくようにしております。

1回目から治療ができる子、3回目でもまだ怖がる子、同じ年齢でもひとそれぞれです。

その子にあった方法で診療を進めていきたいと考えています。

虫歯のなりやすさもひとそれぞれですので定期検診の間隔もお子様も状態をみながら決めていきます。

そうやって、がんばって通って虫歯を治療し、そのあと定期的にフッ素を塗りにきてくれる子供たちは明らかに綺麗な永久歯が生えてきているのです。

あなたの大切なお子様のお口の健康に関しなんでもご相談ください。




子どもの歯は、大人の歯に比べて、むし歯になりやすいのです!
なぜでしょうか?


子供の歯(=乳歯)と生えたばかりの永久歯は、歯の質が弱く、数年かけて
強くなっていきます。だから、この数年間が虫歯になりやすい時期なのです。



乳歯は質が弱いのに加え、歯の表面のエナメル質の厚さが永久歯の約1/2と薄いので、一旦虫歯になってしまうとあっという間に大きくなってしまいます。


子供は甘いものや柔らかいものを好みます。

甘いものが虫歯の原因になるのはもちろんですが、柔らかいものは歯にくっつきやすく
歯の溝にはいりこんだものは上手に歯磨きしないととれません。

この歯にくっついた食べかすが虫歯菌のえさになります。
1日のうちの食事やおやつの回数が多いのも虫歯リスクのひとつです。




子どもの歯は、保護者の皆さんのご協力によって守られるところがとても大きいのです。
お母さん、お父さん、ぜひ私たちと一緒にお子さまの大切な歯を守っていきましょう。


生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌はいません。

スプーンやお箸、ハブラシなどを保護者と共用することで、虫歯菌がうつってしまいます。共用するのはやめましょう。気をつけていても、つい同じお箸を使うことってありますよね?
だから、保護者が虫歯の治療を済ませ、定期的なケアを行い、お口の中の虫歯菌を減らしておくことが、赤ちゃんの虫歯予防の第一歩なのです。 

3歳ころまでに虫歯菌に感染しなければ、虫歯のリスクが低くなると言われています。 



お子様は自分ではきちんと磨けません。保護者の仕上げ磨きが必要です。
少なくとも、小学校低学年までは毎日チェックしてあげてください。



子供の歯は虫歯になりやすい。だから、大人以上に食生活に気をつけないと
いけません。
長い間哺乳瓶がやめられない、だらだら食べる、お菓子(特にアメやチョコ)を
食べたり、ジュースをよく飲むなど、心当たりのある方は気をつけましょう。



フッ素は、お茶、リンゴ、人参など様々なものに含まれている元素のひとつです。
フッ素には、

1.歯(エナメル質)の質を強くする 

2.虫歯になりかけの歯をもとに戻す 

3.虫歯菌の働きを弱くすると         いう働きがあります


フッ素でのうがい、フッ素塗布、フッ素入りの歯磨き剤を使う、虫歯リスクに応じてこの3つの方法を組み合わせて虫歯予防をしましょう。


   小児からがオススメ!虫歯のない自分の歯は一生の宝もの!


シーラントとは、奥歯の溝の深い部分を、虫歯になる前にふたをしておく予防法です。

溝の深い乳歯やはえたばかりの永久歯などに行う方法です。歯は削りませんので治療にお痛みは伴いません。


虫歯へのなりさすさ(虫歯リスク)を調べる検査を行っております。
ご自分の虫歯リスクを知ることにより、最適な予防方法がみつかります。


詳しくは予防歯科のページをご覧下さい。


Q フッ素はどうして歯にいいの?

A フッ素は歯を強くします。フッ素を歯に作用させると、歯の表面に取り込まれ、歯の表面(エナメル質)のハイドロキシアパタイトを質の強いフルオロアパタイトに変えることで、虫歯になりにくい丈夫で強い歯にします。また、歯の溶けてしまった部分(脱灰部分)の修復(再石灰化)も促進します。さらに、虫歯菌の力も弱くする働きがあります。


Q フッ素塗布って?

A 歯科医院で、歯にフッ素を塗る虫歯予防法です。歯磨き剤や洗口剤よりも高濃度のフッ素です。虫歯のなりやすさによって、年に3~4回塗ります。 
生えたばかりの歯は、フッ素をよく取り込むので、1歳くらいから始めるのが効果的です。 ハブラシで塗る方法、綿球で塗る方法、マウスピースのようなものを使う方法 とがあります。お子様の状態により、適した方法をお選びします



Q こどもが歯磨きを嫌がって磨かせてくれません。どうしたらいいですか?

A まずは、お口の中にハブラシを入れることに慣れさせる必要があります。

はえたばかりのときはガーゼでもいいですが、1歳くらいにはハブラシにかえましょう。1日1回機嫌のよい時間に始めてみてください。年齢にあったブラッシングのやり方、こつなどはお子様のお口をみてないとわかりませんのでご来院時にお話します。


Q 歯が黒くなるお薬ってなんですか?

A 虫歯の進行をとめる薬のことです。小さいお子様や、泣いて治療ができないような場合に、サホライドという進行止めの薬を塗って、治療ができるようになるまで様子をみます。歯は黒くなりますが、治療ができるようになったら、その部分は削ります。





トップページ当院の大切にしている思い院内ツアードクター、スタッフ紹介料金について検診メニュー ケアグッズのご紹介
矯正歯科予防歯科入れ歯治療審美歯科痛みの少ない虫歯治療ホワイトニング小児歯科歯周病治療レーザー治療
スポーツ専門マウスピースフッ素による虫歯予防クラブ・教室のご案内豊嶋歯科医院ブログアンケートスタッフ募集
メディア掲載情報リンク集サイトマップ



福岡市城南区茶山4-3-36

地下鉄 茶山駅、金山駅から徒歩5分
西鉄バス 茶山団地前から徒歩2分
茶山四つ角より福大方向へすぐ
[>MAPを見る]

福岡市城南区にある豊嶋歯科・矯正歯科は、地下鉄七隈線「茶山」と「金山」駅の間に位置しています。今後とも、福岡市城南区をはじめ、福岡市中央区、福岡市早良区、福岡市南区など、福岡市の皆様に愛される歯科医院として頑張ってまいります。