豊嶋歯科トップページ
歯の治療項目
矯正歯科
予防歯科
入れ歯治療
審美歯科
痛みの少ない虫歯治療
ホワイトニング
小児歯科
歯周病治療
レーザー治療
スポーツ専門マウスピース
当院に来ていただいた患者様のお声
クラブ、教室のご案内
豊嶋歯科医院ブログ
アンケート
スタッフ募集
リンク集
サイトマップ


当院の大切にしている思い 院内ツアー ドクター、スタッフ紹介 料金について 検診メニュー ケアグッズのご紹介






歯周病は、虫歯と同様にプラーク(歯にくっつく細菌のかたまり)によって引き起こされる歯を支える顎の骨と歯肉の病気です。

痛みもなくゆっくりと進行するのでほとんどの人は歯周病にかかっていることに気づきません。

ゆえに
サイレントディジーズと呼ばれるのです。

痛みや歯のぐらつきなどの症状を感じたときは重度の場合が多く、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気なのです。

歯周病は歯周病菌による感染症です。

虫歯と同じように家族間で感染する可能性があります。また、様々な要因が関与する生活習慣病でもあります。

メタボリックシンドロームの中では肥満や糖尿病と関連があり、動脈硬化や心臓病、糖尿病、誤嚥性肺炎、早産や低体重児出産、胃潰瘍などを引き起こす事がわかっています。

また、喫煙や多量の飲酒、ストレス、偏った食生活なども危険因子です。







歯肉が赤くなったり、腫れたり、出血したりします。
この段階では、歯と歯肉の周りのプラークを歯ブラシで
生懸命除去すれば、健康な状態に戻すことは可能です。



歯と歯肉の間の歯周ポケットが深くなり、プラークや歯石がたまります。歯槽骨も溶け始めてきます。



炎症がさらに進み、歯槽骨が歯の根の半分くらいまで溶けて、歯が少しぐらつき始めます。




歯槽骨が半分以上溶け、歯はぐらぐらです。



歯や歯肉の診査、レントゲン写真、生活習慣などをもとに診断し、具体的な治療計画をご説明いたします。

歯周病の治療は、進行していればそれだけ、治療期間が長くかかります。

また、症状にかかわらず、歯科医院での治療だけではなく、ご家庭での毎日のブラッシング、プラークコントロールが不可欠です。治療期間をとおしてブラッシングの練習を行い、正しいプラークコントロール法を身につけていただきます。
以上の点をご理解の上治療を受けていただき、歯を失わないようにがんばりましょう。

歯周病の治療は歯科医院側と患者さんの二人三脚の治療です。





検査・診断・治療計画の立案


歯の表面の歯石とり


検査 メインテナンス


歯周ポケット内の歯石とり


検査 メインテナンス


歯周外科


検査 メインテナンス


経過観察





 ■
 生活習慣病、慢性疾患であるので、コントロール(=進行を遅らせる)、
    または痛みなどの急性症状をださない落ち着いた状態にはできるが、完全に治すことは難しい

 ■ お口の中(とくに歯周ポケット内)のプラークを完全に取り除くことは不可能である

  毎日の手入れやメインテナンスをおこたると、歯周病は再発、悪化する。


歯周病とは上記のような病気なのです。よって・・・

歯周病治療を成功させる秘訣は!
 
■ 正しいプラークコントロール法を身につける

■ 生活習慣に気をつける
 
■ 定期的なメインテナンスを受ける





Q 
歯周病治療後のメインテナンスって?

A 定期的に検査とクリーニングを行うことをメインテナンスと呼んでいます。治療後の状態、患者様のブラッシングの状態により、1~6ヶ月おきに来院いただいております。
歯周病予防をメインとした予防のコースもあります。詳しくは予防のページをご覧下さい。


Q 歯石はどのくらいの間隔でとるべきですか?

A 半年に1回くらいですが、歯石の着きやすい方や歯肉に問題のある方は3~4ヶ月に1回の歯石とりがいいでしょう。当院では、お口の状態をみながら、ひとりひとりにあった来院間隔を検討しております。当院ではスタッフ指導を徹底し、痛くない歯石とりを心がけております。


Q 歯磨きをしていれば歯周病にならない?

A 残念ですが、歯磨きだけで歯周病を予防するのは不可能です。歯にはハブラシではとれない歯石とバイオフィルムというものがくっついています。それは歯科医院でないととれません。ですので、歯周病予防に定期検診はかかせません。


Q 歯周病が進行していると言われました、治療をすれば、若いころのような状態に戻れますか?

A 歯周病は完治するものではありませんので、10代や20代の歯周病でないころの状態に戻ることはできません。しかし、コントロールすることで、痛みなどの症状をおさえ、進行を防ぐことができます。


Q 噛み合わせ、歯並びが悪いと歯周病になるのでしょうか?

A 歯周病を悪化させる原因になります。噛み合わせが悪く特定の歯に強い力がかかる場合、歯並びが悪く十分にプラークコントロールできない場合など歯周病を悪化させる原因になります。



Q 他の病気が原因で歯周病になることがあるのでしょうか?

A あります。遺伝性の病気、血液の病気(白血病など)、特定の薬(降圧剤など)によって歯肉に症状が出ることがあります。またホルモンの分泌の増減(例えば妊娠時など)、糖尿病、喫煙などによって歯周病が治りにくいということもあります。





トップページ当院の大切にしている思い院内ツアードクター、スタッフ紹介料金について検診メニュー ケアグッズのご紹介
矯正歯科予防歯科入れ歯治療審美歯科痛みの少ない虫歯治療ホワイトニング小児歯科歯周病治療レーザー治療
スポーツ専門マウスピースフッ素による虫歯予防クラブ・教室のご案内豊嶋歯科医院ブログアンケートスタッフ募集
メディア掲載情報リンク集サイトマップ



福岡市城南区茶山4-3-36

地下鉄 茶山駅、金山駅から徒歩5分
西鉄バス 茶山団地前から徒歩2分
茶山四つ角より福大方向へすぐ
[>MAPを見る]

福岡市城南区にある豊嶋歯科・矯正歯科は、地下鉄七隈線「茶山」と「金山」駅の間に位置しています。今後とも、福岡市城南区をはじめ、福岡市中央区、福岡市早良区、福岡市南区など、福岡市の皆様に愛される歯科医院として頑張ってまいります。